【カジノだけでなく、競馬・パチンコも対象】 ギャンブル依存症対策の閣僚会議

オンラインカジノ

【カジノだけでなく、競馬・パチンコも対象】 ギャンブル依存症対策の閣僚会議

【ギャンブル依存症 どのような対策が必要?】

カジノ法成立に伴って、
政府は、ギャンブル依存症対策会議開催を決定しました。

日本では、他の国よりも
ギャンブル依存症の対象者が多いと指摘されています。
パチンコ店が繁盛していることからすれば、
それは容易に想像できますよね。

そこで、政府はカジノだけでなく、
既存のパチンコや競馬などの
ギャンブル依存症対策も同時に検討するようです。

【ようやく政府もギャンブル依存症対策に乗り出す】

カジノが話題になるずっと前から
日本にもギャンブル産業は存在していますよね。
でも、ギャンブル依存症に対する対策は何ら
講じられていません。
本来はもっと早く行うべきことだったと言えると思います。

カジノだけでなくパチンコやその他国営ギャンブルに対する
ギャンブル依存症対策が検討されることは、
ギャンブルを娯楽として安心してプレイする環境を整えるために
とても良いことです。

【オンラインカジノ業界のギャンブル依存症対策とは?!】

オンラインカジノ業界も、
ギャンブル依存症の問題をかなり重要視しています。

政府が対策を講じようとするずっと前から
オンラインカジノ運営者もライセンス機関も
長い年月をかけて様々な対策を講じています。

例えば、
カジノサイトには必ずギャンブル依存症の
ヘルプグループ企業へのリンクが掲載されています。

さらに、
「自己規制」という機能があります。
これは、あくまでも自己責任なのですが、
自分自身がギャンブル依存症でヤバいと思った場合、
一定の期間ログインできないようにしたり、
一定の金額までしか遊べないようにする、
という設定をすることができます。

これを一度設定すると、
後日いくらカジノ側に連絡しても、
解除することはできません!

日本では今まで放置されていた
ギャンブル依存症問題も、
この機会にしっかりとした対策がなされるよう、
期待したいですね。

カジノ法受けギャンブル依存症対策 閣僚会議発足

ギャンブル依存症対策 海外の取り組み例

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ